~北海道道106号稚内天塩線区間 日本海オロロンライン~

【バイクで巡るニッポン絶景道】ツーリングライダーの夢……北の大地、最北端の絶景道[北海道]#モトツー

  • 2019/6/13

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第10回は、ちょっと涼し気(?)な話題をお送りしよう。北の大地、北海道が誇るニッポン最北端の絶景ロード『オロロンライン』だ。

TEXT:Hidetoshi KANDA

ここを走る事がツーリングライダーの夢!

ツーリングライダーなら誰もが憧れる北の大地、北海道。定番の場所ながら、現在も全国の旅人達からの支持は圧倒的。必然的に長期旅になる事から、その外見より「ミツバチ族」や「カニ族」といったツアラー達を指す独自の呼び方も発生。かつては社会現象となる程の、一大ツーリングブームを巻き起こした場所でもある。

北海道は感動的な絶景ポイントや爽快ロードも大変多いが、中でも多くのリピーター達を魅了して止まないのが、この「日本海オロロンライン」だ。日本海側の小樽市と日本最北端の稚内市を結び、総延は実に300km以上にもなる壮大な海岸ロード。中でも最北端へのハイライトとなる、約68kmの道道106号線区間は「北海道で最も有名な道」と呼んでも過言でない大絶景が待っている。

利尻富士を遠望する青い空に、紺碧の海。緩やかな海岸丘陵地帯を貫く、果てしない直線道路。そう、ここがあの夢にまで見た北海道を代表する絶景ロードなのだ。

北海道を旅するライダーは実にリピーターが多い。毎年10年以上連続で訪れている旅人も全く珍しくないのだ。北海道はそこら一帯が絶景。スケールも本州の比ではなく、1回や2回の訪問では到底廻りきれるものではない。しかし、そんな多くの絶景もいつかは「慣れ」が来る。当たり前の事だが、同じ場所を訪れる度に最初の感激を保つ事は大変困難なのだ。

しかし、この風景は何度訪れても新しい感激が待っている。特に変化がある訳でもない。去年・一昨年を同じ空気と同じに同じ景色。ビジュアルはほぼ変わらない。だが、確実に感情に突き刺さり「慣れ」を感じる隙を許さない何かがあるのだ。
 オロロンラインの風景は、もはや旅人達の原風景と言えるのだろう。初訪問の旅人達のほぼ全員がその光景のダイナミックさに感激するが、リピーターとなってもその感激は全く色褪せる事が無い。あの利尻富士と直線道路のコラボを見る度に「ただいま!帰ってきたよ!」と呟きたくなる。

この「帰ってきた…」感が北海道の、そしてオロロンラインの醍醐味であり尽きない魅力なのだ。北の大地は遠い。しかし魅力は深い。バイクを持っているならば、ぜひ行って頂きたい。原付でも全く構わない。そこに新しい旅人生の扉が待っているに違いないのだ。

オロロンラインは正確には小樽~稚内を繋ぐ総延300kmにもなる海岸ルートの事を指すが、旅人達の間では、この道道106号の区間を指して呼ばれる事も多い。夏草と青空と果てしなく続く道。ライダーなら一度は憧れるあの道がここにある。

オロロンラインの名所の一つであるオトンルイ風力発電所。CMで見た事がある方も多いに違いない。道路に沿って林立する発電プロペラが何とも言えない異世界感を醸す。プロぺラ直下で巨大なブレードの風切り音を体験してみよう。

利尻島・礼文島を望む絶景も堪能できるが、霞や霧等も多い為、良運も若干必要かもしれない。バイクを路肩に停めてしばし休憩。時の経つのを忘れる光景がある。

バイクで行くなら、船でしかアクセスできない事も、北海道の魅力に大きなアクセントを加えているに違いない。豪華大型客船に乗船する事自体が非日常空間。たとえ荒天であろうが、自然と期待感は高まる。

幻想的なオロロンラインも冬は一変。台風並みの暴風雪が吹き付ける大変危険なルートへと豹変する。これもまたオロロンラインの魅力。夏も良い。が、冬のオロロンを愛する変態ライダーもいるのだ。

ここを走る旅人が必ず訪れる宗谷岬。日本最北端、旅の終着地だ。夏でも冬でも季節を問わず岬は旅人を静かに待っている。キミもバイク乗りならば、人生一度は我が国の最北端を見てみようじゃないか!

ロード情報

交通量:夏場はやはり観光客で賑わうが渋滞とは皆無の超絶爽快ロードだ。特にバイクの交通量は多い。全線に亘って絶景の為、脇見運転には絶対に注意しよう。

路面:北海道特有の非常に広い路面と、抜群の舗装。道路線形も良い為、ついついスピードが出がちだが、取り締まり区間でもあり速度には注意して走ろう。

~日本海オロロンライン(北海道道106号稚内天塩線区間)~
秘境感★★★
天空感★
潮風感★★★★★
爽快感★★★★★
根性感★
開放感★★★★★

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガンチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。