第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

~浅間広域農道(嬬恋村道) 嬬恋パノラマライン~

【バイクで巡るニッポン絶景道】関東最西端の絶景高原ロード、北海道のような丘陵地帯を駆けろ![群馬県]#モトツー

  • 2019/6/11

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第8回は、国道・県道でもない“農道”を駆け抜ける爽快ルートを紹介しよう。その姿は、関東にありながら北海道を思わせるスケール感である。

TEXT & PHOTO:Hidetoshi KANDA

総延長は約35km、遠く浅間山を望む

一見、観光道路っぽいネーミングと、開放感や走り応えから、関東では次第に有名になりつつある絶景ロードがこの嬬恋パノラマラインだ。総延は約35km。信号も皆無な為、雄大な浅間山を遠望する抜群のロケーションの高原を、ほぼノンストップで一気走りする事も可能な爽快感抜群のルートである。

ただし、観光道路ではない上、国道・県道でもない“農道”な為、WEB上のマップを閲覧する際でも、かなり拡大しないとその存在を発見し辛い。また、案内看板はあるものの、決して詳細とは言い難く、こまめなルートチェックをしないと迷いがちでもある。

しかし、緩やかなアップダウンが連続する中、日本離れした高原風景の中を駆け抜ける、関東地方一と言っても過言でない絶景ロードの代表格なのだ。

前述のように、従来は広域農道の為、耕作地域を縫う様な線形が特徴で「北ルート」と「南ルート」に大きく分かれている。

北ルートは関東ライダーにも定番で、ゆるやかな丘陵地帯を心地良いワインディングで抜ける、特に大型バイクにとっては垂涎のルートだろう。パッチワークのようなキャベツ畑の中、浅間山を遠望する光景は、北海道を連想する解放感を存分に味わえる。

道幅も広く、交通量も少なめ。休日には多少の観光車両も走るが、ほぼ問題となる事は無い。但し、交差しつつも、万座ハイウェーとは連絡できない事に注意しておくべきだろう。白根山及び万座道路方面・長野県境付近へは、意外とアクセスし辛い為、ルーティングを十分に注意しておきたい。

対して南ルートは多少短いながら穴場感を感じる少々「ツウ好み」感のあるルート。山岳路が中心で、北ルートと比べるとカーブ線形も多少きつめだ。しかし、丘陵の合間からの遠望感はむしろ北ルートより豪快とも言える。
鬼押しハイウェーにアクセス可能な為、万座・長野方面へのルートとしても活用し易いのも嬉しい。

どちらも非常に空いており爽快感抜群な為、スピードも増しがちだが、あくまで農道。農耕車両優先で控え目なライディングを心がけたい。

浅間山を遠望する広大な高原を抜ける北ルート。北海道を彷彿する様相が最大の魅力の爽快ロードだ。近辺は標高が高い為、春でも真冬装備が必須。また、4月初旬までは冬季閉鎖の為、道路情報に十分注意しよう。

北ルートの魅力は、緩やかなアップダウンの続く爽快な道路線形と、パッチワークのようなキャベツ畑の様相。ついついアクセルをワイドオープンしがちになる為、十分に注意しよう。

南ルートは全体的に山岳路様相ながら、丘陵の合間からの風景は豪快そのもの。道幅が多少狭くカーブも少々タイトな箇所もある為、初心者込みのツーリングの際にはペースは配分に気を付けよう。

上信越道方面よりアクセスする場合、絶対に通過するのがこの鹿沢温泉。1300年以上の歴史を誇る温泉であり、一軒宿ながら国民保養温泉地にも指定されている極上泉質の素晴らしい温泉が湧出している。また、昭和天皇が御愛顧された温泉でもあり、その泉質の高さは折り紙付きだ。

こちらの名物は湯あがり蕎麦。太さや挽き具合、配合具合・茹で加減といった細かい注文も可能。石臼で挽いている為、香りも素晴らしい。腹を減らして訪れたいグルメスポットでもある。

鹿沢温泉 紅葉館
群馬県吾妻郡嬬恋村田代681 TEL:0279-98-0421
10:00~16:00 ※宿泊者は24H
ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉 泉温47.5℃ 浴槽投入量/30l分 循環・殺菌処理無

ロード情報

交通量:観光地に近いながら地元車両以外は大変少ない。但し、ライダーには定番のスポットでもあり、近年は多少車両も増えつつあるので安全には十分注意したい。

路面:北ルートは道幅も広く良好な路面ながら、南ルートは多少荒れ感がある。但し、大型ロードモデルでも全く問題はなく、初心者でも安心なルートと言えるだろう。

~嬬恋パノラマライン~
秘境感★★
天空感★★★
潮風感 爽快感★★★★★
根性感★
開放感★★★★

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。