~大分県道11号線 湯布院日田往還~

【バイクで巡るニッポン絶景道】九州ツーリングのハイライト! 生涯に一度は走っておきたい[大分県]#モトツー

  • 2019/6/10

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第7回は、名道筆頭格の「やまなみハイウェイ」にも匹敵するという湯布院日田往還だ。ここから温泉に湯布院立ち寄り、やまなみハイウェイを目指すというルートも提案したい。

TEXT & PHOTO:Hidetoshi KANDA

ダイナミックな高低差と豪快なカーブを交えてのトラバース

九州ツーリング定番の名道と言えば、やはり「やまなみハイウェイ」が筆頭格だろう。総延約50kmにもなる観光道路で、熊本県・大分県の2県を跨いでおり、全国でも1・2位を争う人気のツーリングロード。もはや、ツーリングライダーの間では定番であり、九州ツーリング一番の目的地でもあると言っても過言ではない。

しかし、この「やまなみハイウェイ」に優らずとも決して劣らない大絶景ルートが、この湯布院日田往還なのだ。温泉で有名な別府市と湯布院町を連絡しており、総延は約15km程度と比較的短いルートだが、九州2大温泉地間の最短ルートでもある事から交通量は大変多く、観光バスも多数目に付く。正直、九州に上陸次第、一路「やまなみハイウェイ」を目指すならば、高速道路で回避したい区間でもある。しかしながら、この事実のみでこのルートを避けるならば、それは大変不幸な事だと言わざるを得ない。

別府市街より約20分程度、特に変哲もない山間風景が続いたと思うと、突然目前に衝撃的な光景が広がるのだ。標高1583m、現在も活動を続ける由布岳を遠望しつつ、裾野まで広がる緑の絨毯。まるでジオラマを見下ろすような様相は、高空からの景色と錯覚するに違いない。ほんの数kmの短い区間ながら、一生に一度見ておくべきとも断言できる絶景が広がっているのである。

大きな高低差をクリアする、豪快な線形が魅力のワインディングロード。路面も上々、幅も広く、初心者ライダーでも比較的安心して走行する事ができる。あまりの絶景とは言え、脇見運転には注意しよう。

道路線形も実にダイナミック。高低差のあるルートを、高規格道路の豪快なカーブを交えてトラバースしている為、実に気持ちの良いワインディングを楽しめる。空いていればハイペースになりがちな為、少々注意が必要だが、ツーリング初心者でも十分に安心して走れる。とは言え、主要観光都市を繋ぐ大動脈でもあり、渋滞が発生する事も珍しくないルートだが、そんな疲労感もこの景色を眺めれば一気に吹き飛ぶ事は間違いない。絶景草原道路を下ればそこは温泉の街、湯布院。少々寄り道して「やまなみハイウェイ」を目指すのも良いだろう。

ライダー垂涎の名道「やまなみハイウェイ」は、ほぼ全線が大分・熊本県道11号線内に含まれており、県道の総延は実に102kmにもなる。とは言え、始点である別府市より終点の阿蘇市まで走り継いでも、寄り道をしつつ1日で十分に走破可能な距離である。感動的な旅のイントロダクションとして別府始点のプランを練り、この湯布院日田往還道をルートに織り込む事で、九州ツーリングの想い出は一層印象的なものとなるに違いない。

由布岳を遠望しつつ、一面、緑の絨毯の中を駆け抜ける。高原上の線形は緩め。解放感抜群のシーンに旅気分も最高潮に達する。湯布院町が眼下に見え出すと、湯布院日田往還の終点も近い。やまなみハイウェイまであと少し。温泉の街で一息ついて旅の疲れを癒して走ろう。

やまなみハイウェイ・湯布院日田往還は共に県道11号線に含まれている。両線を含めると、県道11号線の総延は、実に総延102kmにもなるボリューム。九州絶景旅のイントロダクションとして、先ずはこの名道を十分に楽しんで走ろう。

ロード情報

交通量:別府・湯布院という2大観光地を連絡する最短ルートでもあり、観光バス・マイカー等の往来は大変多い。渋滞も珍しくないが、絶対に走っておきたい道だ。

路面:全線幅広の2車線で、舗装状態も大変良い。交通量の割に高低差が大きく、タイトコーナーも多い為、スピードには十分気を付けて走ろう。

~湯布院日田往還~
秘境感★★
天空感★★★
潮風感
爽快感★★★★★
根性感★
開放感★★★★★

世界的な温泉地・湯布院も忘れてはならない

湯布院日田往還の始点である別府市は世界的な温泉地。その湧出量・源泉数は共に日本一を誇っており、市内中心部にも100軒を超える共同浴場がある。中でもここ、竹瓦温泉は別府温泉を象徴する市営共同浴場。昭和13年建築の荘厳な湯殿建築は、登録有形文化財・近代化産業遺産に認定されている。しかも入浴料はナント100円! 市内を好みの温泉を探しながら散策するのも楽しい。

竹瓦温泉は別府温泉を象徴する市営共同浴場。昭和13年建築の荘厳な湯殿建築は、登録有形文化財・近代化産業遺産に認定されている。

地域に密着した特徴深い共同浴場巡りは、別府温泉随一の楽しみ。築数十年を誇る湯船も多いが、全て掃除・管理は万全。古くても清潔感のある浴場が殆どだ。

地元の方々との裸の交流もまた旅の魅力だろう。 ※画像人物は撮影許可済

ソウルフードは“からあげ”

別府市内も含め、大分のソウルフードと呼ばれているのが、からあげだ。ニンニク醤油等で下処理をした鶏肉を豪快に揚げて頂くスタイルだが、市内だけでも数えきれない程の専門店がある。最大の特徴は、大多数の方が未加熱のままテイクアウトし、家庭で揚げて頂いている事。やはり出来たてが一番美味いのは当然だが、このスタイルには正直驚いた。とはいえ当然、店舗で揚げたてを持ち帰って頂く事も可能だ。

計り売りが基本なので、好みの店舗を探しながらの食べ歩きも楽しい。

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガンチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。