~静岡県道127号線 西伊豆スカイライン~

【バイクで巡るニッポン絶景道】関東・東海地域きっての名道 仄かな潮風と富士山遠望の絶景![静岡県]#モトツー

  • 2019/6/7

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第4弾は西伊豆スカイラインだ。東伊豆に比べて観光地化が進んでいないことから渋滞なども少ない爽快ロードで、ダイナミックな高低差と空抜けのいい景色は必見&必走だ。

TEXT & PHOTO:Hidetoshi KANDA

絶景のオンパレード! 東西の名所を一度に堪能できる

関東ライダーにとって、定番でありながら不動のNO.1の人気を誇るツーリングスポットが伊豆半島だ。首都圏より2時間程度と抜群のアクセスにも関わらず、豪快な山岳地帯と爽快な海岸ロードが混在し、至る所で絶景のオンパレードが楽しめる。絶景のみならず、海鮮を中心とする海の幸も年間を通じて豊富で漁港も多い。素晴らしい鮮度の魚介が、かなりのお値打ち価格で頂ける事もあり、ライダーのみならず世界中より多くの観光客が詰めかける一大観光地でもあるのだ。

中でも定番の人気ポイントは、豪快な海岸風景が楽しめアクセスも良い東伊豆方面に集中している。温泉で有名な伊東や熱川、金目鯛が美味い稲取。これらは全て東海岸だ。当然、休日の海岸道路は大渋滞でも定番のルート。海鮮と絶景のスケールは素晴らしいが、渋滞のスケールも天下一。辟易した経験のあるライダーは大変大いに違いない。

しかし、そんな伊豆でも比較的穴場と言われているのが西海岸だ。天城山脈以西、西伊豆と呼ばれている一帯は、東伊豆と比べて観光地化が進んでおらず古い道が多い。その為、国道でも酷道状態の場所も多く、一般観光客は少な目。ストレスを感じず爽快に走りたいなら、絶対に西伊豆がお勧めなのだ。

そんな西伊豆で絶対に外せない爽快ロードが西伊豆スカイラインだ。伊豆半島の山稜、達磨山より土肥峠までの約10kmを南北に縦断する絶景ロードである。時間にして約20分。走りきるとあっという間だが、ピーク標高は実に900mにも及ぶ豪快なアップダウンが堪能できる。かつては有料道路だった事もあり、道幅は広く路面状態も良い。しかし、最も素晴らしいポイントは富士山と相模湾・駿河湾の3つを一気に眺める事ができる事だろう。

伊豆半島の背骨をトラバースするルートの為、半島の東西を一度に眺める事ができるのだ。右に駿河湾と富士山。左には相模湾と湘南海岸。まさに「両手に花」である。日本広しと言えども、2大名所を一度に堪能できるスカイラインはここだけ。しかも交通量は少な目。

伊豆半島に訪れたなら絶対に走っておきたい、言わば裏定番スカイラインなのだ。

駿河湾を遠望しつつ半島の背骨を南北にトラバースしてゆく。晴れた日には富士山を正面に望む絶景を楽しむ事ができる。適度なワインディングが大変気持ち良いルートだ。

多少荒れ気味とは言え、大型ツアラーでも全く気兼ね走れる路面と、絶妙な線形が美しい道路。標高は高めで、晩秋以降は気温もかなり下がってくる。そのころには防寒装備を十分に備えてから行こう。

海風を感じつつ山岳ワインディングを楽しめる大変珍しいルート。駿河湾と富士山のコラボは思わず見とれる絶景だ。駐車場もいくつか整備されている為、ぜひ見とれて頂きたい。

明るい雰囲気とは言え、一級の山岳地帯を縦断するルート。豪快なワインディングも十分に堪能できる。テクニカルな線形も多い為、ベテランライダーには大変面白いルートだろう。

ワインディングの後は西伊豆の海鮮を楽しもう!

西伊豆スカイラインを走りきった後は、麓の小さな港町、土肥で海鮮を堪能しておこう。漁協直売所やお土産売り場も充実しており、マスツーリングでの利用にも大変便利。清水港へ向かう駿河湾フェリーも連絡しており、交通アクセスも抜群だ。

街道に面した小さな寿司屋。名物は地魚や地エビが豪快に盛られた海鮮丼だ。珍しい深海海鮮を頂ける場合もあり、ツウの間でも知られている密かな人気店だ。

千歳すし
静岡県伊豆市土肥438
TEL:0558-98-2151
11:00~14:30、17:00~20:30 不定休

地元のファンで大盛況の海鮮料理屋。定番の海鮮丼も美味いが、イカ丼の鮮度は特筆モノ。季節に応じて種類や価格も変化し、天候によっては無い日もあるが、これは本当に美味い。

食事処 さくら
静岡県伊豆市土肥690-8
TEL:0558-98-0813
11:00~20:00 不定休

ロード情報

交通量:観光地の割に非常に少なく大型車両は皆無と言っても良い。但し、関東・東海エリアきっての走り処でもあり、スピードと事故には十分な注意が必要だ。

路面:かつての有料スカイラインながら、多少の路面荒れが点在する。とは言え、道幅も広く概ね良好。初心者でも神経質になる事はないだろう。休憩施設は無料駐車場以外無い。

~西伊豆スカイライン~
秘境感★★★
天空感★★★★
潮風感★★★
爽快感★★★★★
根性感★★
開放感★★★★

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。