ラスベガス開催のCES(1月8~11日)で展示予定!

【バイク用スマートヘルメット】NSウエストとSHOEIが共同開発!

NSウエストは、プレミアムヘルメットで世界No.1の売り上げを誇るSHOEIと共同で、近い将来に量産導入を視野に入れたバイク用スマートヘルメット[IT-HL(仮称)]を開発した。

HUD(ヘッドアップディスプレイ)を内蔵

ラスベガスで間もなく開幕となるCES(Consumer Electronics Show/コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)にて、NSウエストは量産を視野に入れたバイク用スマートヘルメット[IT-HL(仮称)]を展示する。もちろんこれは体験可能なもので、WEBヤングマシンも現地で取材予定。続報が届き次第お送りする。

必要な情報を運転視線のすぐ隣に表示することで、最小限の視線移動で情報を確認することが可能。

バイク用スマートヘルメットとは、ヘルメットに求められる高い安全性と快適性、そしてデザイン性を犠牲にすることなくHUD(Head Up Display)を内蔵し、ナビゲーションなどの情報を最小限の視線移動で安全に確認することができるというもの。これまでにも同様の製品や試作品はあったが、SHOEIなどのトップメーカーが製品開発に参画するのは初の試みとなる。

この[IT-HL(仮称)]は、SHOEIの新型帽体にHUD機能を組み合わせたもの。NSウエストの強みである自動車用HUDで培った光学技術と電子技術を、SHOEIのヘルメットが持つ快適性、デザイン性、そして高い安全性と高次元で融合している。口元の見慣れない形の部分にHUD機器を内蔵していると思われ、また左側にはなんらかの通信機器を装備しているのがわかる。

バイク用スマートヘルメット[IT-HL(仮称)]。なにかをベースにしたものではなく、SHOEIの新型帽体を採用しているようだ。

システム図。スマートフォンによるデータ通信を利用し、ナビタイムジャパンの技術協力のもと開発されたバイク専用ナビゲーションアプリでHUDに表示すべき情報を流す仕組みだ。

NSウエストって何者なの?

NSウエストは、自動車表示機器(メーターやHUD)の開発、製造、販売を行っている会社で、本拠地は広島だ。その製品はマツダやダイハツの主力車種に純正採用されており、確かな技術と高い品質を誇っている。

CES(Consumer Electronics Show)におけるNSウエストブースの展示イメージ。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

特集/連載

  1. 加藤大治郎と原田哲也の物語
  2. 大阪モーターサイクルショー2019
  3. 2019初夢スクープ
  4. 自二車は中型二輪に限る
  5. 岡崎静夏
  6. Moldel A(A型)
バイク王
Z900RS x STRIKER