【TRACTION】 ~バイクが動かす人生があった~

加藤大治郎と原田哲也の物語〈前編〉【2001年、ふたりだけの戦いがあった】

天才と呼ばれた、ふたりのレーシングライダーがいた。原田哲也と、加藤大治郎。世界グランプリ250ccクラスを舞台に、常人には知り得ない領域で戦ったふたり。引き合うように、そして、寄せ合うように。近付いたふたつの才能が、彼らだけの戦いを創り上げていく。才能が交差した2001シーズンの激闘を、原田哲也が振り返る。

文――高橋剛 Go Takahashi 写真――竹内秀信 Hidenobu Takeuchi/折原弘之 Hiroyuki Orihara (本稿はビッグマシン2016年8月号に掲載された記事を再編集したものです)

原田哲也×加藤大治郎[2001年Rd.9 ドイツGPにて]

鮮やかに登場した「新人」を、世界王者が迎え撃つ

まばゆい光がふたつ、ぶつかり合おうとしている。

色、大きさ、形、動き。すべてが異なる。しかしふたつの光はどちらも極めて強力で、もう他に何も見えない。

ふたつの光は、何かに導かれるように、徐々に接近している。

光と、光。

猛烈なエネルギーを発散しながら、もちろん、お互いに気付いている。だいぶ昔から、はるか彼方から、お互いのことがしっかりと見えている。

進路を俯瞰する。完全に重なり合う。いや、「重なり合う」などという生易しいものではないだろう。

衝突し、激突し、凄まじい何かが起こりそうな予感をそれぞれに抱きながら、徐々に、しかし確実に、交差しようとしている。

2001年の世界グランプリは、そのようなシーズンとして幕を開けようとしていた。250ccクラスは、’93年に世界王者となった原田哲也と、’97年に全日本王者となった加藤大治郎が、タイトル争いの最有力候補とされていた。

加藤は、前年の’00年に世界グランプリにデビューした。5勝を挙げて、ランキング3位。新人賞を獲得するという、鮮やかな登場だった。

その年、原田はアプリリアで最高峰である500ccクラスを戦っていた。思うように走らないマシンに悩まされ、完走すらままならなかった。

「大ちゃんと話すようになったのは、この年、彼がグランプリに来てからだね」と原田は振り返る。

原田は最高峰の500ccクラス、そして加藤は250ccクラス。直接対決ではないこともあって、まだふたりの間の空気はのんびりしたものだった。

「パドックで『元気?』なんて、あいさつする程度だったけどね。ぼけーっとしてるな、と思った(笑)。まあ世代がちょっと違うからね。向こうとしては話しづらかったって面もあるんじゃないかな」

原田は1970年生まれ、加藤は1976年生まれだ。6歳年上の原田は、かなり前から加藤のことを知っていた。

「大ちゃんは、ちっちゃい頃から「すごく速い子がいる』と有名人だったからね。まだちびっ子で、アンダーボーンのバイクに乗っても座ることができないんだ。立ち乗りしてて、それでもすごく速い(笑)。評判だったよ」

’00シーズンの中頃、原田は翌年から250ccクラスにスイッチすることが決まった。アプリリアの500ccマシンが、あまりに不出来だった。

「ちょっとひどかったね(笑)。『こんなんじゃやってても意味ないよ!』って話をして、500から撤退することになった。契約があったから、他のチームに移籍して500に残るという選択肢はなかったんだ」

原田にとっては、最高峰クラスからのステップダウンということになる。

「あの500ccマシンに乗り続けるぐらいなら、250に戻った方がましだった。すんなり心は決まったかな」

勝つために、レースをしている。勝てないレースなら、戦う意味がない。

原田のレース哲学は、参戦クラスのステップダウンという形になってまでも貫かれた。そしてその一本気が、’01年、世界グランプリ250ccクラスでの加藤大治郎との激戦を呼ぶことになる。

当時の原田は、しかし、まだ加藤のことをそれほど意識していなかった。「250ccになれば決勝レースが500ccより先に終わるから、早めに帰れるぞ」などと考えていた。

そして加藤のことを気にするより前に、原田にはクラスをスイッチするという自分自身の大きな課題があった。

「’00シーズンが終わってすぐに250のテストを始めたんだけど、乗り換えはそう簡単じゃなかったよ。500は、キッチリと減速して小さく曲がり、大きく加速するという大排気量の走り。一方の250は、極限までコーナリングスピードを高めなくちゃいけない」

アプリリアの250ccマシン、RS250の仕上がり自体はよかった。かつて自分が開発した好みのフレームに、最新型のエンジンを搭載している。

しかし原田は、250ならではの恐ろしく高いレーシングスピードにはなかなか馴染めずにいた。

「’00年までが本当にボロボロだったからね。僕自身の調子も落ちてた」

一方の加藤大治郎は、’00年に新人賞を獲得し、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。ホンダNSR250も、加速力を武器にかなり強力だ。

「これはひどい差だな……」
’01年の開幕前テストで、すでに原田は厳しいシーズンになることを予感していた。

先行する加藤大治郎と、追う原田哲也[2001年Rd.8 イギリスGPにて]

【左:加藤大治郎】’97全日本ロードレース250ccクラス王者。’01年、原田との激闘を制し、参戦2年目の世界GP250でタイトルを獲得する。
【右:原田哲也】’92年全日本ロードレース、および’93世界GPの250ccクラスで王者に。ステディな走りと冷静なレース運びで、常に上位につけた。

↓[中編]に続きます ↓

写真をまとめて見る

関連記事

高橋 剛

高橋 剛

記事一覧を見る

カート上がりのバイク野郎。心震わす原稿が得意で、あのスポーツ名門誌・Sports Graphic Numberにも寄稿したりしなかったり。セッティングさえ出れば怖いものなしの隠れ文豪。

バイク王
striker

最新記事

  1. YAMAHA XSR700 vs DUCATI SCRAMBLER MACH 2.0
  2. ホンダ クロスカブ110改・ルアマガ仕様
  3. HONDA CROSS CUB 110/50
  4. BMW C 400 X/GT