マシン・オブ・ザ・イヤー2018
今、蘇る昭和50年代──昭和55年

〈動画〉RZ250 & RZ350試乗インプレッション【あの頃の中型#3】

昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以前、中型黎明期のヒット作を紹介。今回はヤマハRZ250とRZ350だ。 ※ヤングマシン2009年9月号より

あの頃の中型 青春名車録「2ストの台頭」(昭和55年)

1970年代(昭和45年~)、国内における250ccクラスの人気は低迷していた。車検がないためコスト的に有利だが、当時は車体設計が400ccと共通化されるのが普通で、多くのモデルに350ccや400ccの上級モデルが存在していた。そのため、どうしても格下グレードの印象が拭えず、250ccは魅力に乏しかったのだ。2ストロークにも逆風が吹いていた。’70年に米国で制定されたマスキー法に倣い、日本でも’78年(昭和53年)に排ガス規制が施行。2ストは軽量で加速性能に優れるものの、クリーン性能では明らかに不利だった。そんな時代背景だったが’79年(昭和54年)の東京モーターショーにRZ250は鮮烈デビューを果たした。レーサーの技術をダイレクトにフィードバックするというレプリカの手法で登場した公道版TZに人気が殺到、見事に2ストが返り咲いたのだ。

RZ250の試乗車は’82年型(昭和57年)で動画のテスターは丸山浩さん。

RZ350の試乗車は’81年型(昭和56年)でテスターは同じく丸山浩さん。

【YAMAHA TZ250 1976年(昭和51年)】’62年から発売が始まったTD/TZシリーズは、数多くのライダー/チューナーを育てた市販レーサーで、’60~’90年代の世界GPには数多くのTD/TZシリーズが参戦していた。当初は空冷だった2サイクルパラレルツインが、水冷化されたのは’73年(昭和48年)から。RZにはこの技術が投入された。

YAMAHA RZ250/RZ350

’80年(昭和55年)に発売されたRZ250は、ロードレーサーTZ250をベースにした2スト水冷パラツインに量産ロードモデル初のモノサスを搭載。常識外れのハイスペックに発売当初から注文が殺到した。リッター換算140psのハイパワーと俊敏なシャーシが生み出す速さは強烈かつピーキーで、「事故率ナンバー1」「初心者には無理」と言われながら、ヒット街道を驀進。そして翌’81年(昭和56年)には+10psとフロントダブルディスクを与えたRZ350を追加。痛快な加速でナナハンキラーの異名を誇り、大型ライダーが敢えて乗り換える例もあった。RZ以降、各社から2スト250が投入され、250ブームが到来。また、レーサー譲りの技術をダイレクトに反映させる手法は、後のレーサーレプリカの先駆けとなった。RZはバイク史を塗り替えた、記念碑的なモデルなのである。

主要諸元■全長2080 全幅740 全高1085 軸距1355 シート高790[785](各mm) 車両重量139[143]kg(乾燥)■水冷2スト並列2気筒ピストンリードバルブ247[347]cc 35ps/8500rpm[45ps/8500rpm] 3.0kg-m/8000rpm[3.8kg-m/8000rpm] 変速機6段リターン 燃料タンク容量16L■ブレーキF=ディスク[Wディスク] R=ドラム■タイヤF=3.00-18 R=3.50-18■新車当時価格35万4000円[40万8000円]

【YAMAHA  RZ250 1980年(昭和55年)8月】最初にデビューしたのは250。カラーリングはニューパールホワイト。

【YAMAHA  RZ250 1980年(昭和55年)8月】初代RZ250のもう一色はニューヤマハブラック。

【YAMAHA  RZ350 1981年(昭和56年)3月】約半年遅れて350がデビュー。カラーリングはヤマハホワイトだが、ゴロワーズカラーと呼ぶのが一般的だ。

【YAMAHA  RZ250 1982年(昭和57年)】’82年型は250と350のカラーリングを共通化しグラフィックは3本線となった。写真はニューヤマハブラックで250。

【YAMAHA  RZ350 1982年(昭和57年)】’82年型は250と350のカラーリングを共通化しグラフィックは3本線となった。写真はヤマハホワイトで350。

【YAMAHA  RZ350 1982年(昭和57年)】’82年は250、350ともにチャピイレッドのYSPリミテッドバージョンも用意された。写真は350。

【YAMAHA  RD250/350LC 1980年】海外仕様はRDの名称でLC=Liquid Cooled(水冷)の略。写真は350。

【YAMAHA  RD250/350LC 1981年】海外版で写真は250。

【YAMAHA  RD250/350LC 1982年】海外版で写真は350。

中型二輪免許

「あの頃の中型 青春名車録」はパート1~5までの連載で、中型モデルが輝き始めた昭和50年代の人気車を5回に分けて動画とセットで紹介していく。「自二車は中型二輪に限る」と運転免許証の条件に記載された最初の世代に送る「あの頃」のバイク特集だ。

取材協力:ZEPPAN UEMATSU


〈動画〉GS400 vs HAWK2(ホーク2)試乗インプレッション【あの頃の中型#1】記事はこちらへ。
〈動画〉Z400FX試乗インプレッション【あの頃の中型#2】記事はこちらへ。
〈動画〉XJ400D & CBX400F試乗インプレッション【あの頃の中型#4】記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->