マシン・オブ・ザ・イヤー2018
今、蘇る昭和50年代──昭和51~53年

〈動画〉GS400 vs HAWK2(ホーク2)試乗インプレッション【あの頃の中型#1】

昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以前、中型黎明期のヒット作を紹介する。 ※ヤングマシン2009年9月号より

あの頃の中型 青春名車録「2気筒の時代」(昭和51~53年)

昭和50年(1975)10月1日、免許制度が改正され401cc以上のバイクに乗るためには大型免許(=限定なしの自動二輪免許)が必要になった。しかも、大型免許は教習所で取得することができなくなり、運転免許試験場で実技試験をクリアすること(いわゆる限定解除)がマストとなった。これにより難易度は急上昇、以降、国内の市場は中型バイクが主流となっていく。そんな昭和50年代にまず中心となったのは4スト400ccの2気筒モデルで、国産4メーカーが勢力争いを繰り広げた。中でもDOHCのスズキGSとハイパワーを誇ったホンダのホークが人気を獲得したのだ。

昭和50年(’75)10月1日から新免許制度に移行し、その翌月の11月1日に発売されたヤングマシン12月号の記事。これによると10月14日までに東京都内での大型取得者は「1人もいない」とレポートされている。現実、大型免許試験は超難関で、東大よりも合格率が低いなどと例えられたこともあったのだ。

SUZUKI GS400

2スト専門メーカーとも言えるラインナップを展開していたスズキが手がけた、GS750に続く4ストマシン第2弾となるのがGS400。エンジンはこのクラスでは当時唯一のDOHC2気筒で、180度クランクを採用した。また、振動を抑えるためにバランサーも内蔵。これに6速クロスミッションを搭載していた。また、メーターにはスズキ独自のギヤポジションインジケーターも装備。試乗車は、昭和53年(’78)3月発売の2型で、出力特性を向上、従来の36psから37psにパワーアップした。

主要諸元■全長2080 全幅835 全高1125 軸距1385 シート高──(各mm) 車両重量172kg(乾燥)■空冷4スト並列2気筒DOHC2バルブ398cc 37ps/9000rpm 3.3kg-m/7500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量14L■ブレーキF=ディスク R=ドラム■タイヤF=3.00-18 R=3.50-18■新車当時価格32万円

GS400 スズキ

【SUZUKI GS400 昭和53年(1978)3月】初期型は昭和51年(’76)12月発売でクラス唯一のDOHC2気筒を採用した。昭和55年(’80)1月にはDOHC4バルブのGSX400Eに発展。

HONDA HAWK2(ホーク2)

CB400フォアの後継モデルとして登場したホーク2。360クランクや2軸バランサーを採用したSOHC3バルブ(吸気2、排気1)の並列2気筒エンジンを搭載し、最高出力は40ps。CDI点火、コムスターホイールなど、魅力あるメカを採用していた。試乗車は、’78年3月に発売の後期型で通称「角タンク」。対して前期型は「やかん」(タンク)と呼ばれる。角タンクはリヤにFVQダンパーを新採用し、人気No.1モデルに躍進した。

主要諸元■全長2150 全幅840 全高1180 軸距1390 シート高──(各mm) 車両重量181kg■空冷4スト並列2気筒SOHC3バルブ395cc 40ps/9500rpm 3.2kg-m/8000rpm 変速機5段リターン 燃料タンク容量13L■ブレーキF=ディスク R=ドラム■タイヤF=3.60-19 R=4.10-18■新車当時価格32万9000円

HAWK 2 ホンダ

【HONDA HAWK 2 昭和53年(’78)3月】初期型は昭和52年(’77)でタンクが丸いデザインだった。SOHC3バルブの並列2気筒エンジンを登載し、最高出力は40ps。

「あの頃の中型 青春名車録」はパート1~5までの連載で、中型モデルが輝き始めた昭和50年代の人気車を5回に分けて動画とセットで紹介していく。「自二車は中型二輪に限る」と運転免許証の条件に記載された最初の世代に送る「あの頃」のバイク特集だ。

 

【おまけ】400ツイン列伝(昭和51~55年)

カワサキ Z400

【KAWASAKI Z400 昭和51年(1976)4月】400RSから発展。■398cc 36ps

スズキ GS400

【SUZUKI GS400 昭和51年(1976)12月】DOHCエンジン完全新設計。■398cc 36ps

ホンダ HAWK 2

【HONDA HAWK2 昭和52年(1977)5月】出力トップ完全新設計。■395㏄ 40ps

ヤマハ GX400

【YAMAHA GX400 昭和52年(1977)6月】XS360から発展。■391cc 37ps

ホンダ HAWK2

【HONDA HAWK2 昭和53年(1978)3月】角タンクに変更。■395cc 40ps

スズキ GS400

【SUZUKI GS400 昭和53年(1978)3月】1psアップ。■398㏄ 37ps

カワサキ Z400

【KAWASAKI Z400 昭和53年(1978)3月】スタイル一新。■398cc 36ps

ヤマハ GX400

【YAMAHA GX400 昭和53年(1978)3月】スタイル一新。■391cc 37ps

ヤマハ GX400SP

【YAMAHA GX400SP 昭和53年(1978)6月】キャストホイール追加。■391cc 37ps

スズキ GS400E

【SUZUKI GS400E 昭和53年(1978)7月】キャストホイール追加。■398㏄ 37ps

ホンダ HAWK3

【HONDA HAWK3 昭和53年(1978)8月】スタイル一新、6速に。■395cc 40ps

スズキ GS400E

【SUZUKI GS400E 昭和54年(1979)4月】2psアップ。■398cc 39ps

スズキ GSX400E

【SUZUKI GSX400E 昭和55年(1980)1月】DOHC4バルブ化。■399cc 44ps

ホンダ SUPER HAWK3 スーパーホーク3

【HONDA SUPER HAWK3 昭和55年(1980)8月】トリプルディスク採用。■395cc 40ps

取材協力:ZEPPAN UEMATSU
〈動画〉Z400FX試乗インプレッション【あの頃の中型#2】記事はこちらへ。
〈動画〉RZ250 & RZ350試乗インプレッション【あの頃の中型#3】記事はこちらへ。
〈動画〉XJ400D & CBX400F試乗インプレッション【あの頃の中型#4】記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->