世界初の量産ロータリーモデル

ロータリーエンジンの咆哮・’75スズキRE-5A【名車”音感図鑑”|映像あり】

  • 2017/9/13
スズキRE-5A

名車はどんな音を奏でるのか? ヤングマシンDVDアーカイブより気になる名車のサウンド動画を抜粋。本稿では国産唯一の市販ロータリーエンジン車・スズキ RE-5A(1975年)を解説しつつ、そのサウンドをお届けする。

●ライダー:丸山浩 ●車両協力:ZEPPAN UEMATSU
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

世界初の量産二輪車ロータリーモデル

’74年11月、高品質・高性能の代名詞となった日本製バイクに、新しい時代を築くモデルがスズキから登場。それが、国産で唯一の市販ロータリーバイクのRE-5だ。

ロータリーエンジンは、ピストンがシリンダーの中を往復運動するレシプロエンジンに対し、おむすび形のローターがまゆ形のハウジングの中で回転する画期的な構造で、コンパクトでハイパワー、低振動なのが特徴。四輪では、すでに’67年に東洋工業(現マツダ)が量産化に成功し、コスモスポーツに搭載。また、二輪でも’73年にドイツのDKWがハーキュレスW2000(294㏄)の生産を開始していた。そうした中、RE-5は497㏄の排気量から62psという、レシプロの750㏄クラスに匹敵する性能を実現。イタルデザインの創始者であるシウジアーロがデザインした先進的なスタイルも、大きな話題となった。

スズキRE-5A
スズキRE-5A
スズキRE-5A
スズキRE-5A
スズキRE-5A
スズキRE-5A
スズキRE-5A

ちなみに、ここで試乗したのは後期型となる1975年式のRE-5A。メーターには初期型で特徴的だった「茶筒」タイプではなく、一般的な3連メーターを採用している。すでにギヤポジション表示を備えているあたりがスズキらしい。映像中ではアイドリン時のばらついた音が素敵に感じられるが、納車整備が済んだ状態ではもっと整った排気音となるという。

■全長2220 全幅870 全高1170 軸距1500 シート高——(各㎜) 車重230㎏(乾) ■水冷横置き1ローター(1ローター/3ポート) 497㏄ 62ps/6500rpm 7.6㎏-m/3500rpm ■タイヤF=3.25-19 R=4.00-18

オイルショックで消えた幻のロータリー・ヤマハRZ

実はヤマハにもロータリーエンジン車の計画はあった。コピーは「静かなる衝撃」。ヤンマーと共同開発した330cc×2ローターは68psを発揮し、最高速度は220km/hを誇った。オイルショックもあり、結局発売されずにお蔵入り。フォルムはRZというよりSRチックだった。

ヤマハ RZ201[1979]

RE-5Aのサウンド付き映像はこちら↓

※撮影はテストコースであるJARI(日本自動車研究所)の外周路で行なったものです。

※撮影車両は納車整備前の状態で借用しているため、時折、エンジン音のばらつきや排気口からの白煙を確認できることがあります。

最新の記事