名車が奏でるサウンドを永久保存

ホンダCB750FOURの全開走行サウンド【名車”音感図鑑”-1/映像あり】

  • 2017/9/12
ホンダCB750FOUR

名車はどんな音を奏でるのか? ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜粋。本稿では”世界初の量産4気筒車”ホンダ CB750FOUR(1969年)を解説しつつ、そのサウンドをお届けする。

●ライダー:丸山浩 ●車両協力:ZEPPAN UEMATSU
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ついに実現した“世界一の日本車”

’50年代から’60年代はじめにかけては、イギリス製のトライアンフ、ノートン、BSAなどのバーチカルツイン(500〜650ccの、シリンダーがほぼ直立した並列2気筒)が、世界最大の二輪市場であるアメリカを席巻していた。一方、その頃の日本製バイクはヨーロッパ製の小・中型バイクを参考にしたモデルが中心で、海外から見るとあまり独自性のないお手軽なバイクというイメージだった。

しかし、’58年にホンダが発売したスーパーカブC100(世界に類を見ない50㏄4ストロークエンジンを搭載)は、その独自性のあるスタイリングと先進的なメカニズムから高く評価され、特にアメリカではバイク=アウトローの乗り物という概念を崩すことに成功。その後、’60年にドリームCB72スーパースポーツ(247㏄SOHC並列2気筒)、’62年に排気量を305ccに拡大したCB77を投入した。さらに’65年には、当時としてはハイメカニズムのDOHC並列2気筒を採用したドリームCB450(444cc)を発売する。だが、最高速や加速ではOHVの英国車を上回っていたものの、ハイウェイでの快適性やステイタス性に劣っていた。

そうした中、’68の東京モーターショーでホンダがドリームCB750フォアを発表。GPレーサーゆずりのメカニズムで、市販車ではMVアグスタなど一部のモデルにしか採用されたことのない並列4気筒エンジンや市販バイク初のディスクブレーキを搭載。同車は翌’69年に発売され、最高速度は200km/hに迫る性能を発揮し、アメリカを初めとする世界中で爆発的なヒットとなった。

ホンダCB750FOUR
ホンダCB750FOUR
ホンダCB750FOUR
ホンダCB750FOUR
ホンダCB750FOUR
ホンダCB750FOUR

主要諸元 ■全長2160 全幅885 全高1120 軸距1455 シート高805(各mm) 車重218kg(乾) ■空冷4スト並列4気筒SOHC2バルブ 736cc 67ps/8000rpm 6.1kg-m/7000rpm ■タイヤF=3.25-19 R=4.00-18

CB750Rのサウンド映像はこちら

※撮影はテストコースであるJARI(日本自動車研究所)の外周路で行なったものです。
※撮影車両は納車整備前の状態で借用しているため、時折、エンジン音のばらつきや排気口からの白煙を確認できることがあります。