マシン・オブ・ザ・イヤー2018
4月24日発売・最新号解説

ヤングマシン’18年6月号の見所!

今月のヤングマシンは半期に一度のスクープまとめをお届け。これから2020年にかけて登場が予想される新型や、今年の秋に発表されるかも知れないモデルなど、全力取材&CGの全40車を掲載。新車特集ではMT-09SPや新型MT-07などを比較試乗。他にも出揃ってきたZ900RSのカスタムや伊丹氏によるマン島TT攻略、神名車・CB750Fを掲載した。カラー28Pの別冊付録は最新ヘルメットの特集で、カタログだけでなく新作インプレも収録。

上半期スーパースクープ40車

早いモノで本誌は既に6月号。’18年も上半期が終了してしまう……。 ならば、新型の動きが一段と旺盛になる下半期に向けて、今年捕捉してきたスクープを総まくりする必要がある! 追加情報も盛り込んだので、予習復習を各自ヨロシク!

国産車試乗特集

オーリンズやKYBの高性能サスを装備した新型のMT-09SPをSTDのMT-09と比較し、どこが優れているのかをチェックした。ライダーは丸山浩さん。

2018年モデルで外装を刷新したMT-07はサスなどを熟成している。その効果を確かめるべく新旧比較した。ライダーは丸山浩さん。

フロントにダブルウィッシュボーン式サスを搭載して新登場した新型コールドウイング。こちらも従来型と比較しながら取材を実施した。ライダーは丸山浩さん。

カリスマスクーター・新型PCXも徹底検証

4年ぶりのフルモデルチェンジを実施したカリスマスクーター・PCX/150を従来型やライバルのNMAXなどと比較試乗した。ライダーは大屋雄一さん。

ライバル車種にはマジェスティSも用意。

気になる装備も同列比較。

外国車試乗特集

ハスクバーナのオンロードモデルが間もなく国内でも発売されるが、それに先駆けて和歌山利宏さんが上級機種のヴィットピレン701に試乗した。

KTMの野心作・790DUKEを中心にシリーズをイッキ乗り。ライダーは丸山浩さん。

2018モデルで並列2気筒エンジンのBMW・Fシリーズがフルモデルチェンジしたが、いち早く河野正士さんが試乗した。

タッチ&トライ

ファイナルエディションのエストレヤにファイナル試乗。ライダーは大屋雄一さん。

RC甲子園製コンプリート仕様のTMAXや用品もテストした。

カスタムマシン

東京モーターサイクルショーに登場したヨシムラやドレミコレクションなどのZ900RSカスタムを網羅。

マン島TTを攻略しよう

世界最古の二輪ロードレースのマン島TT。その全長60㎞に渡る公道コースがゲーム化された。リアルなTTコースの走行経験者である伊丹孝裕さんが攻略法を解説する。

名車連載

多くのライダーを限定解除に誘ったCB750F。かっこいい……。

オールカラー別冊付録

東京モーターサイクルショーで発表された気になる新作もテスト済み。新しいヘルメット買う前に必読だ。

目次

最新号購入はこちらへ

 

号外・ご好評につき定期購読募集を延長しました

2018年6月24日までに、富士山マガジンサービスでヤングマシンの新規定期購読にお申し込みの方全員に、特性コラボデイパックをプレゼント!

ヤングマシン×南海部品 コラボデイパック ●素材:ターポリン(PVC) 簡易防水 ●サイズ:H47cm/W32cm/D15cm ●容量:24リットル ※画像はイメージであり、実際の仕様とは異なる場合があります。

申し込みはこちらへ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018