マシン・オブ・ザ・イヤー2018
3月24日発売・最新号解説

ヤングマシン’18年5月号の見所!

今年も春のモーターサイクルショーが開催され、’18バイクシーズンを前に本格的な春夏商戦に突入。ニューマシンを筆頭に、新作カスタムパーツ、新着ライディングギア、新型タイヤなど、注目新製品が目白押しとなりました。そこで今月のヤングマシンでは、’18注目NEWラインナップを一気に紹介。早くも国内発売が開始されたカワサキH2 SXとZ900RSカフェについては徹底比較テストの模様をお届けします。また、大注目となるスクープでは、新世代モデル到来が予想される250スポーツと、Z900RSの対抗馬登場が噂されるネオクラシックの話題にフォーカス。今月も最先端の最新情報をエッジィに紹介します!

激戦区・最前線スクープ!

今年も勢いのあるジャンルと言えば、250ccスポーツとネオクラシック。現在の勢力図を塗り替えるべく、各メーカーが虎視眈々と新作を開発中だ。独自調査で突き止めた、まさかの爆弾モデルを大予想する!

 

新型フォルツァ250を筆頭に実車チェック

先月号にてスクープした新型フォルツァ250の実物が、ズバリ予想通り大阪モーターサイクルショーにて初公開となった。そこで、同時に展示された新型PCX&150シリーズ、モンキー125、MT-07、XSR700、トレーサー900&GT、MT-09&SPといった’18注目ニューモデル群の実車総チェックを行なった。

 

H2 SXは H2&ZX-14Rとの同門徹底比較試乗

スーパーチャージャー搭載のスポーツツアラーモデルであるH2 SXシリーズが早くも国内発売開始。さっそく、H2&ZX-14Rとの違いを探るべく、一般道、サーキット、高速周回路へ持ち込み徹底比較テストを決行した。実測テストを通し、1000ccツアラーながら驚くべきハイパフォーマンス性を秘めていることが確認できた。

 

Z900RSとカフェの走りの違いとは?!

人気のZ900RSに、待望のCAFEも国内販売開始。 買うとしたら王道スタイルのSTDがいいか、 それともレーシーなCAFEがいいか。 どちらを選べばいいか悩ましいところ。 そこで丸山浩が2台を高速道路 ・ワインディング・市街地の 3ステージで違いを探ってみた。

 

TRIUMPH スピードトリプルRS/KTM 790デューク海外試乗記

’94年に初代が登場して以来、 トライアンフを代表する3気筒スポーツネイキッドとして 世界中で熱狂的なファンを獲得してきた スピードトリプルの最新最強バージョン「RS」と、新世代のLC8c(Liquid Cooled 8-Valve Compact) エンジンを搭載したKTM 790DUKEの試乗会が、それぞれスペイン各所で開催された。欧州製スーパーネイキッド2台のインプレッションを 2輪ジャーナリストのケニー佐川がレポートする。

 

大屋さんのまっ正直・新製品テスト

ヤングマシン名物の大屋雄一氏による新製品テスト。今回は久々の250ccビッグスクーターであるヤマハ・XMAX、ハンドリングを変える超マニアックなクロモリアクスルシャフト、スイス製エンジンオイルのパノリン・モトシンセ、アウトドア・スポーツ派の間で話題のナル−マスク、イギリス生まれのスマホケース&マウントをテストした。

 

春夏ライディングウエアカタログ

今年も各ブランドから新作の春夏ウエアが続々リリース。その中から注目モデル約60点をいち早くピックアップし、細部まできっちり解説。目的ごとに好みを選んで、シーズン前に自分だけの1着を見つけよう!

 

新型クロスカブ110で房総ドリフトツーリング

春の気配を探しに、クロスカブ 110で内房に出かけた静夏ち ゃん。柔らかい海風に吹かれ、 ぽかぽかの日差しの中でふん わり笑顔です。でもその胸中 は、バイク・バイク・バイク。 全日本開幕も近付き、バイク 熱は高まる一方です。

 

名車連載には前回のホンダ6気筒に続いてカワサキ6気筒が登場

ニッポン神名社伝 Vol.6 KAWASAKI Z1300 1979〜1989 H2系以外にもこんな目の覚めるような企画の新型車があったら最高だね!

 

別冊付録 2018最新タイヤカタログ

別冊付録は今シーズンのタイヤ選びに役立つオールカラー28Pのカタログ。出揃った新作タイヤのインプレッションや基礎知識も網羅し必見の内容に。

 

目次

最新号購入はこちらへ

YM-BOY

YM-BOY

記事一覧を見る

台東生まれ台東育ち。バイク好きは大体トモダチ。
■1972年生まれ
■愛車:YAMAHA MT-09

マシン・オブ・ザ・イヤー2018